FC2ブログ

気の向くままに ぶらり

足の向くまま気の向くまま、山や街をぶらり歩いています。

栗東市の低山 安養寺山へ

安養寺山(あんようじさん) 234m 栗東市
35.0048  136.0014

登った日
2013年3月16日(土) 晴れ

地形図には山名は書かれていません。
安養寺の南、234.1 のピーク。
名神高速がすぐ下を通っている。

JR草津駅前
13031601.jpg

13031602.jpg

ここは、東海道「草津宿」
「本陣跡」もあるが今日は寄りません。

13031603.jpg

街道沿いを歩くと
こんなものもある。
13031604.jpg

金勝川の土手に上ると
安養寺山が正面に見える。
13031605.jpg

北に三上山
13031606.jpg

名神の下をくぐって山沿いの道を行くと
住宅地があり、「安養寺」の案内板
住宅地上部のゴルフ練習場に沿って上ると登山口
横に小さな公園がある。(駅から約1時間30分)
13031607.jpg

舗装路を登っていくと水道の施設があり
道路は右へゆるゆると上っていく。
13031608.jpg

道路は西のアンテナの下までついている。

アンテナ横から山道を東へ
13031611.jpg

小さなお社の先に三角点があった。
13031612.jpg

13031609.jpg

三角点から東へ歩くと、階段の上部に出た。
ぐるっと一回りしたことになる。
13031610.jpg

今日のコース
右が切れている時は、画像をクリックしてください。
130316anyouji.jpg

「草津宿」ということで落ち着いた街かなと思ったが
1号線が中心を通り、車が多くてちょっと残念。
街道沿いも道が狭いのに車が多くて、のんびり歩けない。

山は静かでした。
山頂は展望が無くて残念。


スポンサーサイト



ちょっと遠くの山へ 恵那の夕立山

保古山の続きです。

2013年4月15日(月)快晴

夕立山 727m 恵那市 地形図「岩村」

朝食もおいしくて、めずらしくごはんをおかわり。
13041501.jpg
朴葉焼きのおみそがおいしい
ごはんがすすみます。ごちそうさま

恵那山荘をあとに、「正家(せいけ)清水」の交差点までもどり、
R257を南へ、阿木川湖の方へ上っていきます。

阿木川大橋の先を標識に従って、東濃牧場(とうのうぼくじょう)へ
130415yudati.jpg
赤い線が走ったコース
舗装されたすれ違いのできる広い道路です。

上り詰めたところが東濃牧場

13041502.jpg

空が広くて気持ちがいい

見下ろすと牛さんのむこうに、阿木川湖
13041503.jpg

駐車場のそばに、山小屋風のお店があります。
10時開店なので、近くを散策。
13041504.jpg

こんな幟も
13041505.jpg

ヤギさんもいます。
13041506.jpg

あれま、ソフトクリームを撮るのをわすれた。
おいしかったので、すぐ食べてしまった。

のーんびり遊んで、
お店の方に道を教えてもらって、夕立山へ向かいます。

一本道なので迷わないはず、なのに
(牧場の細い道に入ってしまって、お店まで引き返したのです)
舗装路を行けばいいのでした。

畜産研究所の手前で駐車
13041507.jpg

事務所で山に登らせて欲しいとお願いすると
かんたんにOK

研究所の敷地内を通り
舗装路を登ると無線中継所がありました。

13041508.jpg

建物の後ろに回り込んで、木立の中に入ると
夕立山三角点がありました。
13041509.jpg

敷地内のさくらが満開
13041510.jpg

今日も「登山」ではなくて、お散歩でした。

R257に下りて、お土産屋さんでトイレ休憩
目の前には阿木川湖
13041511.jpg

午前中、のーんびり遊んで(しかも山まで登った)
恵那駅前に戻り
お昼ご飯を食べたり
お土産を買ったり

カミさんにもよろこんでもらえたし
ゆったりとした、いい旅になりました。

ちょっと遠くの山へ 恵那の保古山

これは登山というよりも、旅行ですね。
山を歩いたのはほんの5分ほどですから。

2013年4月14日(日)晴れのち曇り

保古山(ほこやま) 970m 恵那市と中津川市の境 地形図「恵那」

恵那ICからJR恵那駅の南、市の中心部をぬけて
保古ノ湖(ほこのこ)の畔にある国民宿舎「恵那山荘」へ。
途中、「恵那山荘」「根ノ上高原」の案内表示があります。

保古山へは、根ノ上湖(ねのうえこ)の東側から
保古ノ湖の北をぐるっと車でまわって行きます。
もちろん、「恵那山荘」近くから登山道があります。

130414hokoyama.jpg
右が切れているときは、画像をクリックしてください。

根ノ上湖からは、乗用車1台がやっと、というくらいの細い部分もありますが、
車はアンテナの近くまで入れます。

13041401.jpg
登ったのはこれだけ ハハハ 笑ってしまいます。

三角点はすぐ見つかりました。
13041402.jpg

恵那山荘までもどってチェックイン
今日は全然歩いていないので、近くを散歩
周辺の桜はまだこれから

ショウジョウバカマがいっぱい咲いていました。
13041404.jpg

保古ノ湖のむこうに登ってきた? 保古山
13041403.jpg

本日の夕食
13041405.jpg
見た目はシンプルですが、
菜の花・桜蒸しと、季節のものを使った手の込んだ料理です。
左上の「白魚の梅とろろがけ」が絶品でした。
お刺身も新鮮です。
ごはんにおみそしるが、これまたおいしい。おかわり自由です。
最後に「桜プリン」が出てきました。
わたしには、これで十分です。

料理長 林 孝夫様 おいしゅうございました。
(お品書きに名前が書いてありました)
これで、2食付き 6980円です。(右上の馬刺しは特注)

(国民宿舎の関係者ではありません。念のため)

二日目は、夕立山727mへ ・・・続く・・・

ちょっと山へ行ってきます。箕面山へ

たまには山を歩かないと

昨日は信貴山に登って
少々膝が疲れ気味

2013年3月3日(日)晴れ

箕面山 355m 箕面市 地形図「広根」

阪急石橋で箕面線に乗り換え
終点「みのお」駅到着

土産物屋さんの並ぶ道をまっすぐ
この時季でも「もみじ」のテンプラ売ってはります。

今日は食べません。

箕面川に沿って
ゆるゆると登っていきます。

13030301.jpg

やがて「昆虫館」

13030302.jpg

日曜日なので
中で子どもたちがお勉強中

13030303.jpg

壁には黄色いちょうちょ

13030304.jpg

三国峠の分岐につきました。
駅から30分ほど

13030305.jpg

ここから山登りです。
ジグザグの急な登りです。

13030306.jpg

途中、滝が見えるところがあるのですが
木の枝が多くて、うまく撮れないのでボツ

箕面山への分岐
13030307.jpg

下にも
13030308.jpg

2、3分で山頂着
13030309.jpg
展望なし
駅から60分ほどでした。

「箕面山へ」の分岐から
北へ三国峠の方へ行ってみました。

13030310.jpg

「三国岳」という札もありました。
北の方が少し開けています。


登ってきた道を下って駅までもどります。

三国峠にあった案内図
ここから滝の方へは行けません。
13030311.jpg

往復2時間、静かな山歩きができました。
おさるさんも見ました。

猪名川町の銀山から 城山

忘れないうちに、登山記録を書いておきます。
最近物忘れが激しい・・・

2012年12月24日(月)曇りのち晴れ 雪ちらちら

城山 404.7m 兵庫県川辺郡猪名川町 地形図「武田尾」
34.5336  135.2019

まずは、今日歩いたコースを

12122401siroyama.jpg
「カシミール」使用
右端が隠れているときは、画像をクリックしてください。

阪急川西能勢口駅からバスに乗って
「銀山口」バス停下車

12122402.jpg
西へ車道を「悠久の館」へ向かいます。

「悠久の館」には、駐車場ときれいなトイレがあります。
12122403.jpg

金山彦神社の前を左へ(西へ)
12122404.jpg
北へまっすぐ行くと、銀山から一本松山方面

このような道標有り
12122405.jpg

製材所の角を右に曲がって沢に沿って歩きます。
道標があるが、直進しそうになる。

一ノ谷池到着
12122406.jpg

池を左に見てしばらく行くと「火の用心」
ここから南へ山の中に入っていきます。
12122407.jpg

12122408.jpg

踏み跡は、谷を南へ入っていきますが
遠回りになるので
すぐに左手の急斜面に取り付き、尾根を登ります。
「火の用心」有り
この先も「火の用心」を目印に、巡視路をたどっていきます。

雑木になり、道もはっきりしてきました。
12122409.jpg

一つ目の鉄塔横を通過して
さらに登ると山頂下の鉄塔へ
ここから山頂往復
12122410.jpg

10分ほどで三角点のある山頂
12122411.jpg

12122412.jpg

もとの鉄塔に戻り
ここから送電線に沿って南へ歩きます。

振り返って見ると城山が
12122413.jpg

しっかりした道が、送電線に沿って南へ

12122414.jpg

明るい尾根道を、ゆるゆると南へ下っていきます。

ありゃま、崖の上に出てしまいました。
足の下には車道が
12122415.jpg

木につかまって強引に下って車道へ

12122416.jpg
赤い線が降りてきたルート
途中から西側の沢に下った方がいいみたい
(黄色の矢印)

工事中で交互通行の車道を(新名神の工事らしい)
車に気をつけながら
猪渕口までぶらぶらと下っていきました。

銀山口バス停から城山山頂まで、約2時間
山頂から猪渕口バス停まで、約2時間

交互通行で車道が狭いので車が怖いし
一ノ谷池から谷に入ってすぐの斜面は超超急なので
下りはキケン。

山頂下の鉄塔から南へ下ったところにある分岐から
谷を一ノ谷池方面へ下った方が安全かも